ブレーカー(配線用遮断器)
(Molded Case Circuit Breaker)

辞書に戻る



図 配線用遮断器 画像はモノタロウより転用。


配線用遮断器
(はいせんようしゃだんき、英: Molded Case Circuit Breaker; MCCB, MCB、ブレーカー)
とは過負荷や短絡などの要因で二次側の回路(負荷、電路)に
異常な過電流が流れたときに電路を開放し、一次側からの電源供給を遮断することにより
負荷回路や電線を損傷から保護するための過電流遮断器のこと。

太い幹線より、細い幹線に分岐する時には、過電流遮断器を設置することになっており、
次の表の用に配線の太さも、電技解釈171条に定められている。


表 分岐回路の遮断器容量と配線太さ
回路の電流 遮断器の定格電流 接続できる負荷の定格電流 電線太さ
15A
分岐回路
15A以下の物 15A以下の物 単線 直径1.6mm
より線 1mm2
20A
分岐回路
配線用遮断器で保護あり
20A以下の物 20A以下の物 単線 直径1.6mm
より線 1mm2
20A
分岐回路
配線用遮断器の保護なし
20Aの物 20Aの物 単線 直径2.0mm
より線 1.5mm2
30A
分岐回路
30Aの物 20~30Aの物 単線 直径2.6mm
より線 2.5mm2
40A
分岐回路
40Aの物 30~40Aの物 単線 断面積8mm2
より線 6mm2
50A
分岐回路
50Aの物 40~50Aの物 単線 断面積14mm2
より線 10mm2

下の図は、分岐回路のイメージ

-----------------------------------------------------------------------
例題

写真に示す器具の名前は(第2種電気工事士試験 改題>
イ、電磁開閉器 ロ、配線用遮断器 ハ、漏電警報器 ニ、電流計

解答