辞書に戻る


電界の強さが0のところから、ある点のところまで、
単位正電荷(+1C)を持ってくるのに要する仕事量の値。
単位正電荷(+1C)のもつエネルギー(J)で表され、
単位はボルト(V)を使う。


例題

誘電率ε(F/m)の誘電体の中に、Q(C)の点電荷Oを置いたとき
この点電荷からr(m)離れた地点Pの電位Vはいくらか。
答え Q /4ε0εrr(V)
解説 公式の通りに当てはめると、上のようになる。