第1種電気工事士
第2種電気工事士の上位資格
自家用発電設備(500KW未満)がしたいなら、上位資格である電工1種を取る必要があります。
電工2種から、高圧受電やシーケンサーが絡み、理論でも電磁気学を聞かれ、
機械でも、滑り等の電工2種よりも広い分野が聞かれます。
電工2種よりも難しい資格で、合格しても、免許認定に実務経験が3年から5年要求されます。
ただし、電験3種を持っている人の下で働けば、実務経験とみなされるみたいです。

トップに戻る

電気理論 基礎問題 標準問題
配線理論 基礎問題
過去問
2017年筆記 2017年筆記 解答
2016年筆記 2016年筆記 解答
2015(H27)年筆記 2015(H27)年筆記 解答
模擬試験